シアリスの飲み方の注意点

シアリスの効果を正しく実感するためには、適当に飲んでいてはいけません。シアリスには、適切な飲み方があります。ここでは、シアリスの飲み方の注意点についてご紹介します。

♦用法用量を守る

シアリスには5mg、10mg、20mgの3種類の錠剤があります。これらのうちどれを処方するかは、患者の状態を確認したうえで医師が決定します。もちろん、それぞれ有効成分の含有量が違うので、用量によって効き目も変わってきます。5mg錠が一番弱く、20mg錠が最も強い効果を発揮することが期待されます。

たとえば、5mgのシアリスを服用したとすると、効き目が一番弱い錠剤であることから本当に効くのかと不安になる人もいるかもしれません。そのため、一度に2錠以上連続服用したり、飲む間隔を狭めたりすることもあるかもしれません。

とはいえ、医師は患者の状態を把握したうえで最適と考えられる処方をしているため、自己判断で用法用量を変えると副作用などの危険があります。効き目を不安に思っても、自己判断で用法用量を変えることはやめましょう。

♦性行為を行う3時間前に服用

シアリスは最大36時間効果が持続する薬であるため、早めに飲んでおいてもまったく問題はありません。24時間間隔を空けさえすれば、前に飲んだシアリスの効果時間内であっても服用することができます。だからこそ、逆にいつ飲むべきであるかを悩むこともあるかもしれません。

シアリスは性行為を行う3時間前に飲むのが良いタイミングとされています。これは、シアリスが遅効性の薬であり、身体に吸収されるまでに時間がかかるためです。

個人差はありますが、おおむね3時間程度の時間があれば、血中濃度のピークを迎えます。そのため、性行為を行う3時間前に服用するのがベストです。

♦できるだけ空腹時に服用

シアリスは、食事の影響を受けにくい薬です。そのため、重い食事を摂らない限りは食後に服用しても効果は発揮されます。とはいえ、まったく影響がないわけではなく、空腹時と比較すると効果は低減します。

そのため、シアリスもほかのED治療薬と同じく、空腹時に服用するのが最適です。シアリスは効果時間が長いため、食事の前に飲むことも難しくありません。

また、シアリスの服用後に食事をする場合、間隔が短いと薬の成分がうまく吸収されません。そのため、シアリスの服用から30分以上は間隔を空けるようにしましょう。

♦グレープフルーツには要注意

お酒や食事の影響は受けにくいED治療薬のシアリスですが、服用時にグレープフルーツを食べるのは避けてください。

理由としては、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分がシアリスの成分を対外へ排出することを邪魔し、体内にシアリスの成分であるタダラフィルが多く残ってしまうことで悪影響が出る可能性があるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です